アレルギー科

下志津病院

下志津病院には、440床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が440床設けられています。治療を受ける患者のメンタル面のサポートも重点に置いています。看護体系は看護師に無理のない10:1を使っています。籍を置く看護師のワークバランスを考えた体系を進めています。入院患者は351人に及びます。入院中の患者へ、ナースの性格をつぶさない看護を行っています。

千葉東病院

千葉東病院には内科(腎・糖尿病・内分泌)/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/アレルギー科/小児科/外科/整形外科/形成外科/泌尿器科/眼科/リハビリテーション科/歯科/麻酔科が完備されています。地域の住民の為の医療を届けています。看護部では無理のない3交替を導入し、プライベートも配慮した勤務形態を構築しています。

総合病院国保旭中央病院

千葉に設けられている総合病院国保旭中央病院の院内スタッフは、1111名働いています。診察は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/皮膚科/アレルギー科/リウマチ科/感染症内科/小児科/精神科/外科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/病理診断科/臨床検査科/救急科/歯科/歯科口腔外科で、患者に求められる治療を実践しています。前眼部三次元画像解析を進めています。従事者の連携プレイで、最先端の医療を使った診療が行われています。

千葉市立青葉病院

千葉市立青葉病院の医療従事者は353人籍を置いています。看護師以外の医師、理学療法士などとのチームワークも忘れません。入院患者は279名に及びます。入院患者に、看護師の人柄を生かした看護を提供しています。主流の固定チームナーシング継続受け持ち制を活用しています。ナース1人1人の力を活用できるような看護を提供できるよう励んでいます。

東葛病院

東葛病院は、千葉県流山市中102-1にあり、366床のベッドを保有しています。患者とナースとの間が近い医療を進めています。子育てと仕事を両立させる看護師には必要な保育室はあります。周辺の保育室情報も共に調べてみましょう。

旭中央病院

旭中央病院には、989床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。ベッド数が989床設置されており、治療を受ける患者のメンタルサポートも大切にしています。看護部はワークバランスを考えた2交替・3交替を採用しています。看護師が活躍しやすい環境作りを進めています。日本医療機能評価機構による評価を受けていません。日々、医療の質を高め、職員全員で質の良い医療にあたっています。

千葉県こども病院

千葉県こども病院の診療科は循環器内科/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/皮膚科/アレルギー科/感染症内科/小児科/精神科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産科/放射線科/麻酔科/救急科/歯科備えられております。外来に来る患者に対し、適切で丁重な看護を目指します。チームナーシング/プライマリーナーシングで、長期残れる看護部作りを考えています。認定看護師は6名活躍しています。認定看護師資格を取りたいと考えるナースに向いています。

柏厚生総合病院

柏厚生総合病院は、千葉県柏市篠籠田617にあります。診療科目は、外科/内科/整形外科/脳神経外科/泌尿器科/消化器科/呼吸器内科/循環器内科/腎臓内科/アレルギー科/リウマチ科/内視鏡内科/皮膚科/小児科/消化器外科/内視鏡外科/眼科/耳鼻咽喉科/歯科口腔外科/リハビリテーション科です。医療を求める患者に見合った治療を実行しています。看護部では、治療を受ける患者への相応な看護が実現できるよう、患者メインの7:1を採用しています。

習志野病院

習志野病院の医療スタッフは670名おり、医療スタッフが全員で、地域の方に総合的な治療が実現できるよう心がけています。効率の高いプライマリーナーシング(モジュール型)を導入しています。適切なアセスメントを生かした見落としのない看護を実施しています。1日の入院する患者さんは304人あり、救急の入院も丁寧な対応を心がけます。

千葉大学医学部附属病院

千葉大学医学部附属病院内では、地域の方に信頼される医療機関を目標としています。近接性を大事にした医療を実施しています。看護部は効率が良い2交替を採用しており、ナースが勤務しやすい病院作りを行っています。